コラム

    • 人口減少で見直し迫られる「公」の定義

    • 2018年05月22日2018:05:22:05:15:43
      • 河合雅司
        • 産経新聞 論説委員

地域包括ケアシステムは、人口減少社会で、どこまで展開し得るのだろうか。   国立社会保障・人口問題研究所の「日本の地域別将来推計人口」(2018年3月)が描き出した未来図を見ると、疑問を抱かざるを得ない。   地域包括ケアシステムは、医療や介護などの専門職はもとより、家族や地域の支えを前提としている。ところが、人口の激減地区が広がり、地域の支えそのものが当て込めなく...

    • 愚民政策

    • 2018年05月15日2018:05:15:05:59:47
      • 平沼直人
        • 弁護士、医学博士

◆寄らしむべし,知らしむべからず   朝,起きて,新聞を広げる。プロ野球の記事が多過ぎやしないか。断っておくが,私は野球少年だったし,今でもプロ野球を楽しんでいる。 テレビをつければ,アイドルとキャラクターが出過ぎやしないか。断っておくが,私はテレビっ子だったし,今でもテレビが好きだ。 それにしたって,民度を低く設定した番組が溢れている。あれは,いったい何なんだろう。あまりに...

    • 南北問題、日本の曖昧な外交姿勢

    • 2018年05月08日2018:05:08:05:05:09
      • 外岡立人
        • 医学博士、前小樽市保健所長

安倍首相の韓国に向ける視線が変わった。   11年ぶりの南北首脳会談が4月27日行われた。その直前、ムン韓国大統領は、北朝鮮と日朝首脳会談を開きそこで拉致被害者問題について話し合いを持ちたいと伝えるよう、安倍首相から電話で依頼されていた。   当初、半島の非核化と平和条約締結に関する問題が主要な南北首脳会談の中で、そのような日本からの依頼について話し合う時間がとれる...

    • 労働基準法に基づく人財管理を意識できているか

    • 2018年05月01日2018:05:01:06:08:13
      • 針尾日出義

◆はじめに   過重労働が叫ばれ続ける医師を筆頭に、医療機関では多様な知識、経験、能力を持った多くの者が働いている。医療の現場で働く者のほとんどは労働基準法の適用を受ける「労働者」だ。医師も例外ではない。しかしそれを軽んじる又は労務管理の知識に乏しい経営者・労務管理責任者等が多く存在するようである(医療の現場においては労働者本人に対する労働者意識の醸成も必要なようであるが)。 ...

    • おたふくかぜワクチン定期接種化を求む

    • 2018年04月24日2018:04:24:06:05:03
      • 三澤多真子
        • 医療法人社団公懌会 小金井メディカルクリニック 理事長

おたふくかぜワクチンが定期接種から外れて25年が経った。その後、毎年およそ数百人がおたふくかぜによる難聴の後遺症に苦しんでいる。ワクチンを接種していれば防げたはずのものだ。なぜこのような事態になっているのだろうか。     ◆おたふくかぜとは   おたふくかぜやムンプスと呼ばれる流行性耳下腺炎は、パラミクソウイルス科ルブラウイルス属ムンプスウイルスへの感...

コラムニスト一覧
月別アーカイブ