コラム

    • 平成30年度税制改正要望

    • 2017年11月21日2017:11:21:06:05:30
      • 板持英俊
        • 税理士

1.はじめに   平成29年8月31日に、各省庁から税制改正要望が公表された。この要望も踏まえて年末の税制改正大綱が取りまとめられる。今後の税制改正のスケジュールは例年通りならば、下記になるものと考えられる。   【税制改正スケジュール】 平成29年8月・・・ 税制改正要望 (各省庁の税制改正要望事項) 平成29年12月・・・税制改正大綱公表 (上記を踏まえて与...

    • 地方復活のカギはやはり産業育成にあり

    • 2017年11月14日2017:11:14:06:00:41
      • 森宏一郎
        • 滋賀大学 経済学系 教授

ゼミ学生を連れて高知県馬路村と静岡県伊東市でフィールド調査を実施した。これらの2つの地域の性格は異なるが、調査テーマの1つは地方活性化である。馬路村は大都市圏からも都市圏からも離れている地域である一方、伊東市は大都市東京圏の縁辺部に近いエリアに位置している。   馬路村では馬路村への移住者を中心にインタビューをおこない、伊東市では学生たちの力を借りて産業調査をおこなった。今回のコ...

    • 「ハイテク・タウン」核に拠点型国家を目指せ

    • 2017年11月07日2017:11:07:10:12:54
      • 河合雅司
        • 産経新聞 論説委員

私が6月に出版した『未来の年表』(講談社現代新書)が、発売からわずか4カ月半で30万部を大きく突破した。1週間あたり2万部弱売れている計算である。出版元の講談社によれば、出版不況が言われる中で新書としては驚異的なことだという。   著者としては誠にありがたいことである。だが、有名作家やタレントの著書でもない書籍がこれほど多くの方々に読まれているというのは、それだけ人口減少問題に関...

    • 安かろう悪かろう

    • 2017年10月31日2017:10:31:06:08:54
      • 楢原多計志
        • 関東学院大学 非常勤講師

失礼な話だ。ある介護専門紙が11月1日解禁の外国人技能実習生(介護)受け入れの記事に「安かろう悪かろうの人材の受け入れにならないよう注視していく必要があるだろう」と書いた。   悪評の絶えない制度には違いないが、これを読んだ外国人とりわけ滞在中の実習生はどう思うだろうか。制度の是非はともかく、外国人労働者への誤解や偏見を助長するような書き方は、たとえ注意喚起のつもりであっても、感...

    • 建物を愛でる術

    • 2017年10月24日2017:10:24:08:43:14
      • 林憲吾
        • 東京大学生産技術研究所 講師

◆4つの行為   前回のコラムでは、建物を愛でる意義について書いた。その意義は、端的にいえば価値の補正にある。   建物の不備に目が行きがちな私たちの意識を、建物の魅力へと向けさせる、そういう作用が愛でるである。   では、実際に建物を愛でるにはどうすればよいのか。今回はその術について考えてみたい。   結論からいえば、観る・探す・食す・...

コラムニスト一覧
月別アーカイブ