コラム

    • ガウディ

    • 2020年06月30日2020:06:30:10:45:56
      • 平沼直人
        • 弁護士、医学博士

◆築地本願寺   よく晴れ渡った青空に,古代インド風の大寺院が浮かぶ。 地下鉄日比谷線築地駅から1分も歩けば,そこには別世界が広がる。 本堂は,石積みのように見えるが,鉄筋コンクリート造である。 この奇怪(きっかい)とも評されかねない建物は,“建築巨人”伊東忠太(いとう・ちゅうた,東京帝国大学名誉教授,1867-1954)の代表作である。 &nbs...

    • オンライン授業強行記

    • 2020年06月23日2020:06:23:10:27:36
      • 片桐由喜
        • 小樽商科大学商学部 教授

◆はじめに   新型コロナウイルス感染防止のための最強対策は人と接触しない、会わないことである、らしい。これを信じて、私たちは科学的根拠の有無を厳密に問う思考を停止させ、あらゆることに耐えてきたし、今も耐えている。   感染症対策に関して素人の私はこれ以上、余計なことは言わず、この3か月、まさに自分自身が経験してきた「The オンライン授業」について現況報告をしたい...

    • 地球システムのレジリアンスにかかる提案

    • 2020年06月16日2020:06:16:12:56:17
      • 岡光序治
        • 会社経営、元厚生省勤務

20世紀半ば以降、経済活動の加速は、地球システムが本来持っているレジリアンスに大きな負荷をかけ続け、その回復可能性が限界に達しつつあると指摘されている。   この指摘は正しいのではないだろうか。   現在、パンデミック状態をもたらしている新型コロナウイルスの出現も、もしかしたら、生物多様性と関わり、微生物の世界の系にも乱れが生じ、他のウイルスにおさえこまれていたこの...

    • 限界利益という衝撃:大学病院と日本の研究環境

    • 2020年06月09日2020:06:09:09:35:42
      • 細谷辰之
        • 日本医師会総合政策研究機構 主席研究員

◆限界利益という衝撃   限界利益という言葉がM大学病院内の会議に持ち出されたときは、衝撃が走るどころではなかった。   まったくなんのインパクトもなかった。そんな言葉聞いたことすらない人が、ほぼ全員だった。しかし、その中身と、なぜそれが持ち出されたかを聞いたときは、ほぼ全員に今度は衝撃が走った。   今を去ること10数年、あのころすべての国立大学はき...

    • 新型コロナウイルス感染拡大に伴う医療機関の経営問題

    • 2020年06月02日2020:06:02:09:00:12
      • 平岡敦
        • 弁護士

第1 はじめに     新型コロナウイルス感染拡大に伴い,感染症指定医療機関等では医療崩壊の瀬戸際できわどい攻防が繰り広げられた。一方,一般医療機関では,経営問題という別の戦いが起きている。新型コロナウイルスへの感染を恐れての受診控えの傾向が顕著で,売上の低下に伴う経営問題に見舞われているのである。   筆者の周辺で見聞きした例では,売上が2から4割程度...

コラムニスト一覧
月別アーカイブ