コラム

    • 「出生数100万割れ」に鈍感な政治家たち

    • 2017年07月25日2017:07:25:13:42:17
      • 河合雅司
        • 産経新聞 論説委員

日本の政治家というのは、どうしてこうも呑気なのだろう。   厚生労働省の人口動統計月報年計によれば、昨年(2016年)の年間出生数は前年に比べて2万8,698人も減り、97万6,979人となった。今後、出産可能な女性の絶対数が減っていくことを考えれば、ますます下落していくことは避けられない。   100万人を割り込んだことだけでも〝日本消滅の危機〟であることは十分理...

    • 生活援助 無駄か?

    • 2017年07月18日2017:07:18:06:45:10
      • 楢原多計志
        • 関東学院大学 非常勤講師

数字は怖い。一人歩きするだけではなく、実態を知らなくても主張の論拠になり得るからだ。3年1回の介護報酬改定に向けて社会保障審議会の介護給付費分科会で、食事、掃除、排泄などの「生活援助」の在り方をめぐってもめている。   個人的な感想だが、「またか・・・」とゲンナリした一方、「ますます介護保険もカネ次第か」と憤りと不安を覚えた。     ◆1日1回余、多い...

    • 「最後のお願い」に安倍政権の限界が見えた?

    • 2017年07月11日2017:07:11:06:12:29
      • 關田伸雄
        • 政治ジャーナリスト

小池新党と安倍自民党が真正面からぶつかった東京都議選は、自民党の歴史的惨敗に終わった。一方、小池百合子知事が代表を務めていた地域政党「都民ファースト」は予想を大きく上回る55議席を獲得して都議会第1党となった。   安倍政権批判を繰り返してきた朝日新聞は「自民惨敗 過去最低」「『安倍1強』に大打撃」と大見出しで報じ、「安倍シンパ」とされる産経新聞ですら「自民、歴史的惨敗」という見...

    • 建物を愛でる意義

    • 2017年07月04日2017:07:04:11:28:35
      • 林憲吾
        • 東京大学生産技術研究所 講師

私は、専門が建物や都市の歴史ということもあって、建物の良し悪しについてあれこれ考える機会が多い。そんなときは、「良し」も「悪し」もなるべく偏りなく意識するようにしている。しかし、普段何気なく建物を利用していると、意識に上ってくるのは、「使い勝手が悪い」「寒い」など、どうもマイナス面になってしまう。   気に入らないことは意識せずにはいられない。それが人の性質ではないだろうか。生活...

    • 脱出王フーディーニとコティングリーの妖精写真事件――亡き人と語らうために

    • 2017年06月27日2017:06:27:12:19:20
      • 平沼直人
        • 弁護士、医学博士

◆木曜スペシャル 引田天功の大脱出   「ああ今夜は引田天功の大脱出だ! 早くお風呂に入らなきゃ」   あの頃の小学生はみな人気マジシャン引田天功(1934-1979)の脱出劇(イリュージョン)に夢中になった。“死のジェットコースター大脱出”,“油地獄・水面大炎上”など,1968年から1975年までNTVの木曜スペシャ...

コラムニスト一覧
月別アーカイブ