コラム

    • 砂漠の知恵比べ

    • 2020年03月31日2020:03:31:17:50:51
      • 林憲吾
        • 東京大学生産技術研究所 講師

◆教訓   ここ数年、新年を迎えると、アラビア半島のオマーンに1週間ほど調査に出かける生活を送っている。このコラムでもこれまで何度か紹介させてもらったように、当地で伝統家屋の保全に関わっているためである。   例年よりやや遅めの2月初旬となったが、今年もやはり同僚の研究者たちと当地を訪れた。なので、今回のコラムもこのオマーンの旅を題材にしたい。ただし、保全プロジェク...

    • 武漢ウイルス禍――野党の政治家は大人の振る舞いを

    • 2020年03月24日2020:03:24:08:46:32
      • 榊原智
        • 産経新聞 論説副委員長

中国・武漢発の新型コロナウイルス(武漢ウイルス)が世界を大混乱させている。人々の生命、健康を脅かすにとどまらず、世界規模の大不況(恐慌)を引き起こしかねない。欧州連合(EU)が30日間の入域制限を実施するなど世界の往来も麻痺してしまった。   武漢ウイルスは医療態勢が整っていないアフリカやアジア、南アメリカも襲うのではないか。これら地域でも多くの人が犠牲になりかねない。 &nb...

    • 2020年03月17日2020:03:17:01:46:53
      • 平沼直人
        • 弁護士、医学博士

◆20世紀至高の哲学者の解とは   死は人生の出来事ではない。人は死を体験しない。(ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』6.4311)   20世紀の2大哲学書というのがある。 ルートウィヒ・ウィトゲンシュタインの『論理哲学論考』とマルティン・ハイデガーの『存在と時間』である。   死を論理的に考えれば,論理哲学論考が結論するとおりである。 人は生...

    • 医療・介護の現場における刑事事件

    • 2020年03月10日2020:03:10:10:32:23
      • 水谷渉
        • 弁護士

1 はじめに   大野病院事件、杏林大学割りばし事件、東京女子医大事件などの医療事故の無罪判決から10年以上が経過した。   昨年末、厚生労働省が設置した「医療行為と刑事責任の研究会」は、『医療行為と刑事責任について』という報告書において、「医療従事者として一般に求められる注意を怠ることがなければ、必要なリスクを取った医療行為の結果、患者が死亡した場合であっても刑事...

    • 「情報主権」は誰のものか

    • 2020年03月03日2020:03:03:05:21:24
      • 中村十念
        • (株)日本医療総合研究所
        • 取締役社長

1.GDPR   GDPはよく聞く言葉であるが、GDPRという聞きなれない言葉がある。General Data Protection Regulationの略で、EEA(欧州連合+ノルウェー・アイスランド・リヒテンシュタイン)発の個人情報保護法である。   ヨーロッパにはユダヤ人の迫害に、個人情報のビッグデータを使っていたという負の遺産がある。この反省から、個人データが国や企...

コラムニスト一覧
月別アーカイブ