コラム

    • 厚生労働省の不適切統計問題に思う

    • 2019年02月19日2019:02:19:05:45:57
      • 佐藤敏信
        • 元厚生労働省勤務・久留米大学教授

2018年の暮れ以来、毎月勤労統計調査を巡る厚生労働省の不適切な対応が問題になっている(「統計不正問題」と呼ぶマスコミもある)。   初めにお断りしておくが、筆者は本稿で、厚生労働省を弁護したり、軽微な問題であるなどと主張するつもりは全くない。   ともかくマスコミ上やネット上ではこの問題については「真正面から」様々な論評がなされていて、それはそれで興味深い。そこで...

    • 対露交渉、南樺太と千島の帰属問題を忘れていないか

    • 2019年02月12日2019:02:12:12:42:19
      • 榊原智
        • 産経新聞 論説副委員長

北方領土問題をめぐって、安倍晋三首相や河野太郎外相が、択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島の北方4島を「日本固有の領土」と呼ばなくなった。残念なことである。   独裁者スターリンが、当時有効だった日ソ中立条約を破って対日宣戦し、日本の連合国に対する降伏後に北方4島を不法に占拠した。火事場泥棒そのものである。ロシアは、第2次大戦の結果、ロシア領になったと言い張るが、偽りの主張にすぎない...

    • 人生乗り換え論

    • 2019年02月05日2019:02:05:05:01:00
      • 中村十念
        • (株)日本医療総合研究所
        • 取締役社長

1 言葉の壁   一時代の終わりの始まりである。私にとっては、「脱・大企業」から「入・中小企業」への乗り換え15周年という、区切りの良い年である。   大企業から輩出される定年退職者。中小企業での若年労働者の不足。この2つを足して2で割れば、労働需給に何がしかの良い結果が得られるのではないか、誰しもがそう思う。   しかし、私の15年間の経験は別のこと...

    • マテリアルズ インフォマティクス

    • 2019年01月29日2019:01:29:05:55:15
      • 岡光序治
        • 会社経営、元厚生省勤務

「材料」とは、「物質のうち、人間の生活に直接役立つもの」と定義されている。物質は1億を超えて知られているが、「直接役に立つもの」はほんの一握りと言われている。   材料は、原料が手に入りやすいこと、量産ができること、加工がしやすいこと、人体に被害がないこと、環境負荷が低いことなど様々な要件を満たすものであるべきと考えられている。     ◆コンピューター...

    • 制度疲労と審議劣化

    • 2019年01月22日2019:01:22:04:20:54
      • 楢原多計志
        • 福祉ジャーナリスト

◆沈黙の世界    いつまで続ける気なのか。   財務省はもとより、おひざ元の厚労省内からも懸念されている介護職員の処遇改善策。平成21年度の月額平均2万4千円改善から始まり、24年度6千円、27年度1万3千円、29年度1万4千円、そして31年度は1万2千円相当に加え、リーダー的な介護職員にはさらなる上積みが・・・。   税金と保険料を投じる処遇改善に...

コラムニスト一覧
月別アーカイブ