コラム

    • 予言がはずれたとき人はどうなるのか?――認知的不協和の理論

    • 2018年12月18日2018:12:18:10:38:18
      • 平沼直人
        • 弁護士、医学博士

◆社会心理学の古典   Leon Festinger, Henry W. Riecken and Stanley Schachter, When Prophecy Fails : An account of a modern group that predicted the destruction of the World, University of Minnesota Pre...

    • 100個のビー玉

    • 2018年12月11日2018:12:11:06:02:45
      • 河原ノリエ
        • 東京大学大学院情報学環・学際情報学府 特任講師

昨年、自分への誕生日プレゼントとしてビー玉を100個買った。二つの皿に分けて、右は、これまでの歳の数。そして左は100個のうちのその残り。     人生100年時代と言われて久しいけれど、自分に引き寄せて考えてみるとその実感はないが、こうやって、その数を並べてみると、なんだかとても現実的だ。この100個のビー玉を寝室の枕もとにおいている。   今年も...

    • コンゴ民主共和国のエボラ拡大

    • 2018年12月04日2018:12:04:05:19:13
      • 外岡立人
        • 医学博士、前小樽市保健所長

コンゴ民主共和国北東部の北キヴ州とチュリ州。武装ゲリラグループ達が戦闘を行っている地域である。   本年7月末にエボラ流行がこの地で確認されて以来、発病者数と死者数の増加が続いている。   11月末の段階で発病者数が421人、そのうち241人が死亡している。   戦闘地域のために正確な情報がとれてないことから、実際の数はさらに多いと考えられている。 ...

    • 保険医に対する指導・監査

    • 2018年11月27日2018:11:27:09:34:12
      • 平岡敦
        • 弁護士

幼い頃に,歯科医だった親が「どこそこのなになに医院に保険の監査が入って資格取消になったらしい」などと言っているのを聞いた記憶がある。幼児でも,資格を失えば収入がなくなるということは分かるので,「保険の監査とは恐ろしいものだ」と感じた記憶がある。そんな話を聞いたのは,もう40年以上も前の話だと思うが,そのような恐怖物語は,いまもまだ現実のものとして続いている。   保険医療機関(病...

    • 日本に学ぶイギリス

    • 2018年11月20日2018:11:20:08:50:39
      • 片桐由喜
        • 小樽商科大学商学部 教授

イギリスの医療保障制度、NHSはしばしば紹介され、そして、日本の医療界ではあまり評判がよくない(ように思う)。それに比べて、イギリスの介護はあまり取り上げられておらず、そのせいか、イギリス介護制度に対しては良い、悪いの声がさほど聞こえてこない。     ◆ベヴァリッジ報告書の功績   日本の評価がどうであれ、イギリス国民はNHSを誇りに思い、愛している。...

コラムニスト一覧
月別アーカイブ