コラム

    • ジカウイルス感染症――神経親和性が引き起こす多彩な病態像

    • 2016年05月10日2016:05:10:09:33:03
      • 外岡立人
        • 医学博士、前小樽市保健所長

2015年春以来、ブラジルから中南米、カリブ海、さらに米国領自治区プエルトリコなどに急速に拡大しているジカウイルス感染症は、国内ではジカ熱と呼ばれているが、その病態像は未だ十分に解明されていない。
 
熱帯地域に分布する蚊の一種であるネッタイシマカが主としてウイルスを媒介するが、国内にも分布しているヒトスジシマカでも媒介される可能性が高い。同属のデングウイルス(デング熱を引き起こす)もこれらの蚊により媒介される。
 
しかしながらジカウイルスはデングウイルスに比較しても、人に対する病原性が複雑であり、胎児や成人の脳および神経系へも感染し多様な症状を引き起こしている。
 
そうしたことからWHOは本年(2016年)2月に、公衆衛生上の世界的危機として、ジカウイルス感染症(以後ジカ感染症)への警告を発した。
 
ジカウイルスは70年前アフリカのウガンダのサルから分離されているが、現在の南米のウイルスはその時点のウイルスから変異していて、人への病原性に変化が出ていると考えられている。
 
現在のウイルスの病原性は未だ完全に評価できていないが、神経組織に障害を与える神経親和性のウイルスであることが確認されているから、今後世界的に脅威となってくることは確実である。
 
以下、ジカ感染症の概要を医学的見地から簡単に説明したい。なお、説明には当方の仮説的見解が若干含まれている。
 
“ジカ熱”というのはジカウイルス感染による全身性の急性期炎症反応の一種で、数日間の発熱、発疹、結膜炎、関節痛などの症状を起こす。しかし、同時に、または経過中、さらには急性期後にウイルス感染による多様性ある神経組織障害が見られる例が少なくない。
 
そこで発現される症状は”年齢によって異なり”、神経組織が発達途上段階にあるほど、障害症状が強く出てくる。そうした意味では今後、発達期の小児でジカウイルス感染が増えてくると、どのような障害がさらに明らかになってくるか大いに危惧されるところである。
 
ウイルス感染は上記したように主として蚊媒介によるが、性行為によっても人人感染が起きる。感染した男性の精液中に二ヶ月経過してもウイルスが見つかっている。他に血液、尿、唾液でもウイルスは見つかる。そうした体液をを通じてどれだけの感染が実際に起きえるのか、現時点では不明であるが、献血では過去一ヶ月以内に感染地域を旅行した人は採血対象となっていない。
 
ジカ感染症は、胎児から高齢者に至る年齢層で発現される症状は異なっており、以下のように整理することができる。
 
1)胎児期感染
妊婦が感染して、胎盤経由でウイルスが胎児に感染。妊娠初期に(1~3ヶ月)胎児の発達異常が起きやすいとされる。
・胎児期間:死亡、流産、小頭症( 脳、前頭葉破壊、脳神経破壊)が発生。
・出生後:外見的に異常が認められなくても、聴覚・視覚障害、知的障害他が明らかになってくる可能性がある。
 
2)小児・成人期感染
・ジカ熱(ウイルスの全身感染による急性期症状): 感染者の2割が有症状で1週前後で回復する。その後ウイルスはしばらく体内に残存して他症状を引き起こす可能性がある。無症状者も同様である。
・ギランバレー症候群(感染神経細胞への自己抗体産生による):ウイルス感染数週後に発症、重症度は、軽症治癒~身体部分麻痺~重症麻痺~死亡、と様々である。ジカ熱の既往がない例もある。
・脳髄膜炎、脊髄炎:ウイルス感染後早期に発症する例が多い。重症例は死亡。中等軽症例は治癒。ジカ熱の既往がない例もある。
 
2016年5月上旬段階では米国内で蚊が増殖しはじめる季節となっていて、各州では蚊対策とジカウイルス感染症啓発が強化されている。特に、性感染症(STD)としての注意も大々的に行われている。
 
8月にリオで開催される五輪に対して、参加を見合わせる女子選手もいるようであるが、基本的に各国チームは蚊対策を強化し参加するようである。
 
 
 
【参考資料】
DC Department of Health plans to distribute Zika virus prevention kits. Washington Post (米国) ワシントンDC保健局、ジカウイルス予防キット配布を検討 2016年5月5日
 
Zika mystery deepens with evidence of nerve cell infections. Reuters (国際) 神経細胞への感染事実はジカウイルスのさらなる病原性の謎を深める 2016年4月6日
 
 
 
---
外岡立人(医学ジャーナリスト、医学博士)

コラムニスト一覧
月別アーカイブ