コラム

    • 召しませベルギービール

    • 2018年01月09日2018:01:09:06:17:21
      • 平沼直人
        • 弁護士、医学博士

◆もはや芸術,ベルギービールの魅惑

 
ヒューガルテンのホワイトビールがHoegaardenのロゴの入った六角形のタンブラーに注がれてサービスされる。
その名の通り白っぽい色をしているのは,小麦のタンパク質が白濁して見えるためである。ビールはふつう大麦を原料とする。
手の熱が伝わりにくい厚手のガラスのタンブラーを口に運ぶと,コリアンダーとオレンジピールの爽やかな香りが鼻腔を駆け抜けていく。
そのままグラスを傾ければ,のどは爽快感に満たされる。
 
ホワイトベルグという日本版ベルギービールをサッポロが販売している。本家ベルギーで賞を取っただけのことはある旨さだ。)
 
ベルギー国内で生産されるビールの種類は1000を下らない。
その1つとして同じビールはないと評される。
その色合,風味,歴史……,ベルギービールは芸術の域に達している。
 
 

◆野生酵母で発酵するランビック,小便小僧のビール

 
ベルギービールを代表するジャンルの1つにランビックビールがある。
空気中に存在する野生酵母を使った伝統的な製法である。
その口当たりは日本人が知っているビールとはかけ離れたもので,酸っぱいと感じられるかもしれない。
ところが,である。前菜のリエージュ風サラダと合わせてみると,バルサミコ酢で味付けされたジャガイモやベーコンや青野菜たちがマリアージュして食欲を刺激すること請け合いである。
ベルギービールは,食事とともにゆっくり味わうビールなのだ。
 
 
カンティヨン・グーズは,瓶のラベルにブリュッセル名物の小便小僧が描かれた本格的なランビックビールである。
ユニークなラベルと,それぞれのビールの専用グラス,それぞれの専用コースターが三位一体となって飲む者を迎えてくれる。ベルギービールの楽しみは,こんなところにもある。
 
 

◆デュベル,グラスに悪魔が

 
ベルギービールには,1つ1つのビールを最も引き立たせる専用のグラスが用意されている。
ゴールデンエールの代表格,デュベルは,悪魔の意である。
チューリップの花のようなフレアード・チューリップと呼ばれる美しいグラスには,もちろんDuvelの印象的なロゴが飾られているが,ビールを注ぐ前にグラスの底をじっと見つめて欲しい。
そう,そこにDの頭文字が彫られている。
そして,このグラスにビールを注ぐとDの文字から細かい泡が立ち昇っているのが分かるだろうか。
なんてコシャクで小粋な悪魔だろう。
 
「ベルギー,ビアグラスの誇り」(翼の王国2017年10月号)をANAの機内でふと目にしたときの幸福感。美しい写真と興味をそそる文章で機内誌ならではの豊かさを演出している。)
 
面白いグラスと言えば,パウエル・クワックの右に出るものはないだろう。
理科の実験で使うフラスコのようなグラスをこれまた試験管立てみたいな木製の取っ手に乗せて飲む。
昔,馬車の馭者が乗ったまま飲めるようにということで考案されたらしい。
ちなみに,道路交通法では,馬車は軽車両だから気を付けられたし。
飲酒運転(酒酔い運転の罪)は5年以下の懲役または100万円以下の罰金が科される。
 
料理は,季節にもよるが,ムール貝のビール煮込みとフリッツ(フライドポテトのこと)が定番でありお勧めである。
煮込んだビールと同じビールで合わせるのがベルギー流らしい。贅沢だ。
ムール貝のダシが利いて,当然,スープは美味に決まっている。
だが,決して全部飲んではいけない!
 
 

◆トラピストビール,修道院に湧き出ずる黄金の恵み

 
トラピストビールを名乗ることが出来るのは修道院で醸造されたものだけである。
現在,ビール作りを手掛けるトラピスト会の修道院は世界に11か所あり,そのうちの7か所がベルギーに所在している。
オルヴァル修道院で作られるオルヴァルは,まさに聖杯に満たされて捧げられる。
華麗で大ぶりなグラスを掲げ持てば,両の手にずっしりとくる。
 
それにしても,禁欲的な修道院での修道士たちの暮らしとビール作りには違和感を覚えられる向きも多かろう。
西欧では生水は危険である。
ペストが大流行した時代,聖アルノ―は自らの十字架を醸造中のビールに沈め,水を飲まずにビールを飲むよう民衆を諭(さと)したと伝えられる。
ベルギーのビール守護聖人,聖アルノ―の祝日は9月2日に祝われる。
それが終わるとベルギービールウィークエンドというお祭りが開催される。
ドイツのオクトーバーフェストに似たイベントで,近年,我が国でも各地で開催され定着しつつある。
グラス片手に100種類を超えるベルギービールの味比べができる。
 
おっ,いい匂いがして来た。
先ほど残しておいたムール貝の煮汁でリゾットを作ってもらったのだ。
これが絶品である。
お店のメニューになくても裏メニューで拵(こしら)えてくれるかもしれない。
おためしあれ。
 
 

◆さくらんぼのビール,マイケル・ジャクソン推奨

 

デザートもベルギービールで。
しっかりとした飲みごたえのあるブラウンエール,たとえば冬場に出回るクリスマスエールのように甘みを伴ったビールとベルギーの生チョコは相性がいいはず。
私としては,というかベルギービールの神様,マイケル・ジャクソンが女性に最も相応しいと表現したフルーツビールをお勧めしたい。
ベルヴュークリークは,さくらんぼの可愛いランビックビールだ。
もちろん男性にも満足していただけると思う。
そうそう,マイケル・ジャクソンと云っても,歌ったり踊ったりするほうのマイケル・ジャクソンではない。歌うことも踊ることもできないマイケル・ジャクソンである(同氏の鉄板ギャグ)。
ビール評論家として,世に埋もれていたベルギービールを発掘し,世界中に伝導した人物である。
 
さて,そろそろ,今日の仕事は切り上げるとしよう。
忙しくてなかなか行けないが,渋谷のベルゴがお気に入りだ。ベルギービールの老舗バーである。
もし空いているなら,店内に入って急なはしごを登ったロフトにあるツリーハウスのような席がいい。
目線の高さまで並べられた様々なグラスを眺めているとまるで宙に浮かんでいるような気分になる。
 
今夜はオフィス近くのデリリウムカフェに寄ってみようか。
ピンクの象のラベルが愛らしいデリリウム・トレメンスというビールで知られる店だが,“デリリウム・トレメンス”とは譫妄(せんもう)・振戦(しんせん)のことなのだから穏やかでない。
ピンクの象は酔っぱらったら見えるという幻影である。
人気のベルギービール,ギロチンといい,なかなかシュールである。
このビール,もちろん切れ味抜群ののど越しである。
 
家でも気軽にベルギービールは楽しめる。
ヴェデットはヒューガルテンとともにスーパーなどでも売っている白ビール。
トラピストビールのシメイも手に入りやすいはずだ。
大びんはコルクで栓がされていてシャンパンみたいで盛り上がる。
 
(ビール原料の1つであるホップの苦み成分が認知症による記憶障害を改善する可能性があるとキリン・東大の研究チームが発表した――2017.11.24朝日新聞。とはいえ,飲み過ぎは禁物。まだマウスの実験段階でもあるし…)
 
 
 
---
平沼直人(弁護士,医学博士)

コラムニスト一覧
月別アーカイブ