コラム

    • 人間の魅力

    • 2018年04月10日2018:04:10:06:31:02
      • 森宏一郎
        • 滋賀大学 経済学系 教授

近年、人工知能(AI: Artificial Intelligence)やロボットの話題が盛り上がっている。もはや話題が古いと言えるのかもしれないが、囲碁や将棋のトップ棋士が人工知能に敗れたことで、今までにない盛り上がりとなっているようである。
 
製造業が機械化された時と同じように、人が担っていた仕事が人工知能に奪われるという不安や危機感も漂っている。実際、人工知能にとって代わられてしまう職業リストの議論にも注目が集まっている(注1)。
 
現実的かつ歴史的に考えて、飛躍的な技術進歩が登場する時、我々のライフスタイルや担う仕事が変化するのは不可避なことに思える。同時に人間は、人が重点的に担うべきものへと自分たちの労力や時間をシフトさせてきた。人工知能においても同様であろう。
 
筆者は将棋ファン(観戦)であり、これまで先見創意の会のコラムで何回か将棋における人間対コンピュータ(人工知能)の議論をしてきた。そこで今回のコラムでは、将棋における人間の魅力を議論してみたい。
 
 

◆人工知能時代こそ結果よりもプロセス

 
以前のコラム「どうコンピュータと付き合うか?」で、「将棋ソフトとプロ棋士が活動の場を分かつのではなく、継続的に公式に敵として相まみえるのがいいのではないか」と書いた。しかし、どうやら人工知能の方が明らかに人間よりも強くなったのは揺るがないようである(注2)。
 
正解が明らかになったとまでは言えないのだろうが、それでもプロ棋士が指す手よりも優れた手を人工知能が指してくるのは間違いないという。たしかに、時の名人と人工知能が戦った最後の電王戦で、名人が完敗を喫している(注3)。
 
では、人間同士がいくら頑張って将棋を指しても意味はないのだろうか。人工知能がプロ棋士よりも優れた手を指すのであれば、ある局面で指すべき手の優秀さだけを議論するならば、人工知能に回答させたほうが良いのかもしれない。
 
だが、だからと言って、プロ棋士が将棋を指すことに価値がないなどと言うつもりはない。そもそも将棋は純粋にゲームであり、唯一無二の正解を解明することだけが目的ではないからである。むしろ、思考や精神的な揺れ、疲弊・疲労や表情の変化のようなプロセスに面白さがある。
 
人工知能は機械であり、思考や精神的な揺れを語ることもなければ、疲弊したり表情を変化させたりすることもない。結果を重視しすぎていて、プロセスの面白さはそこにはない。仮に、人工知能が人間的なものを表現したとして、そこに面白さはあるだろうか。機械は機械である。
 
逆に言えば、人間同士が将棋を指すとき、今まで以上にそうした人間的な表現が求められるということになる。黙して語らずというのも人間的な美学かもしれないが、これからは明確な表現が重要になる。一ファンとしても、この点を期待したい。
 
 

◆感想戦の意味再考

 

将棋の対局が終わると感想戦がおこなわれる。このとき、対局者同士でしか分からない感じでボソボソと話をする棋士が割と多い。もちろん、第三者にも分かるように、どの局面でのことかを明確にして、はっきりと語る棋士も少なからずいることはいるのだが。
 
たしかに、感想戦の目的は、今おこなわれた対局を対局者同士で振り返って検討することである。それならば、当人同士だけで分かり合えればよいのかもしれない。しかし、事後的に優れた手を探すことだけが目的なのであれば、横に人工知能を運んでくれば済んでしまう。
 
やはり語るべきは、思考プロセス、感情・感覚・カンの変化プロセスであって、単純な最適解探しではないのでないか。最適解の探索をやるならば、人工知能を持ってきて、出てくる手の解釈やなぜその手を見逃したのかを明確に語るべきである。今のところ、人工知能は手の意味を教えない。
 
最近は、タイトル戦では中継ブログが書かれ、プロセス情報が比較的多く見えるようになってきた。しかし、それらがきわめて重要であるという認識はまだ不足しているように思える。感想戦で語られていることはかなり限定的にしか聞こえてこないからである。
 
対局中に語るのが無理である以上、感想戦そのものは配信して、棋士は明確にプロセスを語るべきであろう。あるいは、その記録をブログで読めるようにするべきであろう。最適解を議論するのであれば、人工知能を活用した上での語りがあってもよい。それはそれで面白い。
 
 

◆プロ棋士の魅力

 

自己表現するプロ棋士が魅力的なのは今に始まったことではない。有名なところでは、升田幸三氏(実力制第四代名人)や米長邦雄氏(永世棋聖)が例にあげられるだろう。もちろん、時代が異なるので、彼らの自己表現の魅力はそのまま人工知能時代に適合するわけではないが。
 
人間の魅力は過去も今も未来も色褪せることはないのではないか。米長邦雄氏自身も将棋の手の最適性よりも棋士の人間として魅力の重要性に気が付いていた。米長氏は急逝までの四年半、棋士たちとの対話、葛藤、勝負のプロセスの魅力を書いていた(注4)。
 
プロ棋士は研究者の側面と勝負師の側面を持つと言われている(注5)。人工知能時代では、プロ棋士は良きプレゼンターの側面も持たなければならないだろう。
 
 

◆おわりに

 

人工知能がプロ棋士のトップを凌駕してしまった現在でも、私は人間同士の将棋に魅力を感じる。そこには結果ではなくプロセスの面白さがあるからである。人生の結果が死である我々人間にとって、結果よりもプロセスの方が重要だということを本能的に理解しているからではないか。
 
プロ棋士には人間の魅力である「プロセス」をもっと積極的に語って表現してほしいと願う。そうでなければ、将棋の魅力もプロ棋士の魅力も失われてしまうのではないだろうか。人工知能で答え合わせをするだけの将棋に魅力など感じない。
 
人工知能はプロセスを語ったり、感情を露わにしたりすることもないと述べたのだが、現在、人工知能による感情表現も研究されている(注6)。いかにも人間的なものが人工知能から出てきたときに、人はどうするのか。これが次の課題になるような気もする。
 
 
*-*-*-*-*
注1.たとえば、Frey, C.B. and Osborne, M. (2013). The Future of Employment. Oxford Martin School, the University of Oxford. Working Paper.(リンク
注2.たとえば、NHKスペシャル取材班(2017)『人工知能の「最適解」と人間の選択』NHK出版新書.(リンク
注3.日本将棋連盟のサイトを参照のこと。
注4.米長邦雄(2013)『将棋の天才たち』講談社.(リンク
注5.芸術家の側面もあると言われる。
注6.羽生善治,他(2017)『人工知能の核心』NHK出版新書.(リンク
 
 
---
森 宏一郎(滋賀大学 経済学系 教授)

コラムニスト一覧
月別アーカイブ