オピニオン

  • 介護保険15年目の到達点

    2015:02:18:08:05:00
  • 2015年02月18日
  • 嶋田 丞(医療法人博寿会 理事長)

はじめに   平成27年4月の介護報酬改定での改定率はマイナス2.27%となった。消費税率10%への引き上げが先延ばしされたことが影響し、介護保険財政が苦しくなったことによるものである。   その内容は、中・重度の要介護者や認知症高齢者への対応を強化する一方で、平成26年4月の診療報酬で同一家屋の在宅医療が大幅に報酬削減されたように、介護報酬改定でも集合住宅に居住す...

  • 「総合診療専門医」と「かかりつけ医」

    2014:09:01:08:05:00
  • 2014年09月01日
  • 嶋田 丞 (日本臨床内科医会 副会長)

はじめに   2015年から新たな専門医制度が創設される。あわせて制度の中核的役割を担う「日本専門医機構」が第三者機関として設立され、その組織委員会は、このほど新機構の概要を決めた。   現在、85学会それぞれに認定医制度や専門医制度が存在する。しかし、それらの認定基準は各学会に任されており、統制がとれておらず、ゆえに各学会の認定医・専門医制度の認定と評価に標準化が...

  • 生活保護と医療

    2013:12:25:08:00:00
  • 2013年12月25日
  • 嶋田丞(日本臨床内科医会 副会長)

はじめに   平成25年12月、生活保護法改正案が成立した。生活保護費の受給者数は毎年増加傾向が続いており、生活保護費も今年度は3.7兆円にも達する見通しである。すでに今年の8月から生活保護費の段階的な引き下げが始まり、10月からは後発医薬品の使用促進が前倒しで実施されている。   この法律は、生活保護費の増加に歯止めをかけることを目的のひとつとしている。しかし、一...

  • 地域包括ケアシステムの構築と課題

    2013:08:09:09:00:00
  • 2013年08月09日
  • 嶋田丞(日本臨床内科医会 副会長)

はじめに   我が国の総人口は、2015年の1.26億人から2025年には1.2億人と600万人の減少が予測されている。高齢者人口が増加し続ける一方で、経済的にも人材供給の面からも必要とされる生産年齢者人口は、すでに1995年から全ての都道府県で減少が続いている。   特に地方ではこの傾向が強く見られるが、それは将来の都市部の姿でもある。   時代と共...

  • 6年制薬科大学はいらない

    2013:02:06:09:30:00
  • 2013年02月06日
  • 井上晃宏(医師)

現在のわが国の薬学部は、医療職養成学科という分類になっていながら、内実はまったく職業教育を行っておらず、医薬品を研究する学科でもない。この現実を薬剤師以外の医療職の方たちは知らないと思われる。    自分は医学部と薬学部の両方を卒業している。同経験に基づき、本コラムでは、わが国の薬学教育が抱える問題について詳細に論じてみたい。     ...

オピニオン投稿について

オピニオン・ページへの投稿には、入会登録が必要です。  オピニオンへの投稿を常時募集しております。掲載されたコンテンツに対するご意見、ご感想も大歓迎です。ご投稿はお問い合わせ画面への直接入力にて受け付けております。