海外トピックス

  • 血中ビタミンD濃度の低下と動脈硬化

    2011:04:15:00:05:00
  • 2011年04月15日

Emory/Georgia Tech Predictive Health Instituteは、血中ビタミンD濃度低下と動脈硬化の関連性が、健常者にも認められるとする研究論文を発表した。またその研究ではビタミンD濃度を上昇により動脈硬化の改善や血圧低下等の硬化も認められた。この研究はNew Orleansで開催されたAmerican College of Cardiologyの学術総会にて発表された。 

 
3-Apr-2011

logo_e.gif