海外トピックス

  • 骨吸収抑制剤に子宮体癌予防の効果

    2012:03:30:12:55:57
  • 2012年03月30日

Public Health Services at Henry Ford Hospitalの研究者らは、骨吸収抑制剤を内服していると子宮体癌になるリスクが減少する可能性があるとSociety of Gynecologic Oncology's 2012 Annual Meetingで発表した。

 

対象の29,254名の女性のうち115名が子宮体癌を発症したが、骨吸収抑制剤を内服している場合の発症リスクはそうでない場合の半分程度であった。

 
 
21-Mar-2012