海外トピックス

  • 人類の祖先はどのように歩き、噛み、動いたか

    2013:05:17:09:00:00
  • 2013年05月17日

人類の祖先であるアウストラロピテクス・セディバが、およそ200万年前に、どのように歩き、噛み、動いたか。ニューヨーク大学(New York University)の人類学者スコット·ウィリアムズ(Scott Williams)をはじめとする研究者らが明らかにした。

 
『Science』誌に掲載された6本の関連論文が示すのは、アウストラロピテクス・セディバが、現代人と比べて、より機能的で長い背中とより柔軟で低い腰という、顕著な特徴を有していたことである。また、同研究では、これまでに発見された中で最も完全体に近い人類の祖先の遺骨についての包括的な描写がなされている。
 
 
11-Apr-2013