海外トピックス

  • 英国のメディカル・ツーリズムを取り巻く問題

    2014:02:07:08:10:00
  • 2014年02月07日

少なくとも毎年6万3,000人の英国居住者が医療を求めて海外へ出かけている。このようなメディカル・ツーリストたちは、彼らが直面する可能性のある潜在的な健康上の問題やおカネの問題についてあまり認識していないことが多い。ヨーク大学が主導する研究チームが明らかにした。
 
この研究は、NIHR HS&DRプログラム(National Institute for Health Research Health Services and Delivery Research Programme)から研究資金を得て、歯科や肥満症(減量)手術、不妊治療や美容整形手術を求めて海外へ出かける英国人のNHSへの影響を検討した。
 
研究を主導したヨーク大学 社会政策・ソーシャルワーク部門の主席調査員 Neil Lunt 博士は次のように言う。「多くの人々が不十分な情報やアドバイスに基づきメディカル・ツーリズムに手を出していることが分かった。患者サンプルの分析からは、海外での治療後に全く問題がないか大した問題がないケースもある一方で、ケアの継続性が確保できなかったり、患者のニーズに対処するための記録にアクセスできなかったりすることによって、深刻な健康上の問題に直面するケースもあることが明らかになった。」
 
研究では、メディカル・ツーリズムが引き起こす様々な結果についてだけでなく、肥満症(減量)手術や不妊治療に代表される特定の問題についての具体的な治療法についても患者に助言ができるよう、GPに対する支援策やトレーニングが求められると結論付けている。
 
 
3-Feb-2014