海外トピックス

  • タバコは吸うけど喫煙者じゃないと言う人々

    2014:02:14:13:08:27
  • 2014年02月14日

カリフォルニア州における成人喫煙者の数はここ数十年で劇減した。しかし、カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームの報告によれば、タバコを吸うことはあるが自分のことを「喫煙者」と考えてない人々の数は驚くほど多いという。
 
同大学の家庭・予防医学グローバルヘルス部門の Wael K. Al-Delaimy 教授らは、2011年に396,000人のカリフォルニア州居住者が一定のペースで喫煙したが「喫煙者」にカテゴライズされることを拒否したと推計している。この人数は同州の喫煙者数の12.3%にのぼる。また、そのうちの約22%は毎日タバコを吸っていたと推測される。
 
この研究論文は、2月5日に『Tobacco Control』のオンライン版に掲載された。
 
 
11-Feb-2014