海外トピックス

  • 健康増進キャンペーンをより効果的に行うには

    2014:06:13:08:10:00
  • 2014年06月13日

ミリアム病院の研究チームは、州の健康増進キャンペーンにエビデンスに基づく減量戦略を追加することで、減量の成果を改善できることを明らかにした。
 
Tricia Leahey 博士率いる研究チームは、ロードアイランド州の健康キャンペーン参加者を対象に、ランダム化比較試験(RCT)を行った。この健康キャンペーンは「シェイプ・アップ・ロードアイランド(Shape Up Rhode Island:SURI)」と呼ばれるもので、2005年から毎年、3か月の実施期間で行われているものである。
 
研究では、2011年の同キャンペーン参加者230人を、(1)標準のSURIプログラムに参加する群、(2)標準のSURIプログラムに加えてエビデンスに基づくインターネット上の減量行動プログラムに参加する群、(3)標準のSURIプログラムに加えてエビデンスに基づくインターネット上の減量行動プログラムに参加し、さらに毎週の減量グループセッションに参加する群、の3群に無作為に割り付け、比較検討した。
 
結果、3カ月後の体重減少は3群の間ですべて異なっていた。エビデンスに基づくアプローチを行った(2)および(3)群には、SURIプログラムのみに参加した(1)群と比較して、有意に高い体重減少が見られた。また、(2)および(3)群では、臨床的に意味のある5%の体重減少を達成した参加者の割合が高く、(2)群では参加者の42%、(3)群では参加者の54%が5%の体重減少を達成した。一方、(1)群で5%の体重減少を達成したのはわずか7%だった。
 
この研究結果は『American Journal of Public Health』でオンライン公開されている。
 
 
10-Jun-2014