海外トピックス

  • 経口避妊薬の使用と性的満足度

    2014:08:29:08:05:00
  • 2014年08月29日

スターリング大学の研究によれば、経口避妊薬の使用状況は、長期的な男女関係における女性の性的満足度に影響を与える。研究では、365組のカップルを対象に、長期的な男女関係における性的/非性的な満足度に対する女性の経口避妊薬の使用と使用歴の影響を調査した。
 
結果、ピルを服用中にパートナーに出会い現在も服用している女性は、ピルを使用したことがない女性と同様に、パートナーと出会ってからピルを服用し始めた女性や関係の途中でピルの服用をやめた女性に比べて、性的満足度が高かった。
 
「言い換えれば、関係の途中でのピルの使用開始/中止は、単にピルの使用経験の有無よりも女性の性的満足度に大きな影響を与えるということです」と、筆頭著者である心理学者 Craig Roberts 氏は述べる。
 
 
この研究は、スターリング大学およびグラスゴー大学、ノーサンブリア大学、カレル大学(プラハ)の研究者らによって行われ、科学的心理学会(Association for Psychological Science)の学術誌『Psychological Science』に掲載された。
 
 
May 14, 2014