海外トピックス

  • 乳がん検診における過剰診療のリスクについての人々の認識

    2014:10:10:08:00:00
  • 2014年10月10日

NHSの乳がん検診プログラムを通じて「過剰診療」の可能性について情報提供を受けた女性の1/3はそのリスクを十分に理解していない。『British Journal of Cancer』に公表された研究が明らかにした。
 
ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)に所属する Cancer Research UK の研究チームは、およそ2,200人の女性を対象にした調査によって、乳がん検診プログラムの過剰診療リスクについて提供された情報を十分理解したと感じている女性の割合が全体の64%であることを明らかにした。
 
しかし、過剰診療についての情報は、プログラムの案内リーフレットに2013年後半から掲載されている。このことは、過剰診療自体が多くの人々にとって新しい概念であろうことを示唆している。
 
著者であるUCL健康行動センターの医師 Jo Waller 氏は次のように述べる。「明らかに改善の余地はあるものの、情報リーフレットが、一定数の女性にとって乳がん検診を受けるかどうかの判断材料となっていることは確かです。」
 
 
28-Aug-2014