海外トピックス

  • バイオシミラー医薬品によるコスト削減の推計

    2014:12:05:08:00:00
  • 2014年12月05日

ランド研究所(RAND Corporation)の分析によれば、バイオシミラー(※訳者註1)の導入によって、米国の生物製剤(※訳者註2)への支出を今後10年間で約440億ドル削減することができる。
 
研究チームは、2012年に年間10億ドル以上の売上があったブロックバスター生物製剤すべてを含む、100を超える生物製剤の販売情報を分析した。それらの2013年売上高総計は663億ドルであった。
 
分析では、バイオシミラーが同市場の60%を侵食すると仮定し、10年間の節減額は合計442億ドル、同期間の生物製剤全体の総売上高の約4%にのぼると推計している。
 
レポートの主執筆者 Andrew Mulcahy 氏は次のように述べる。「バイオシミラー医薬品の出現は、国の医療システムにとって大きなコスト節減につながる可能性を秘めています。しかし、節減額の大きさは、FDAの今後の決定を含め、多くの要因に依存します。」
 
※訳者註1.バイオシミラーとは、特許期間が満了したバイオ医薬品の後続品のことで、先行バイオ医薬品の開発メーカーとは異なるメーカーにより製造される医薬品のこと。バイオ後発品とも呼ぶ。(MINK Webより)
※訳者註2.生物製剤とは、遺伝子、タンパク質、細胞や組織など生体由来の物質、あるいは生物の機能を利用して製造した製品のこと。バイオロジクスとも呼ぶ。(高分子学会(編)(2004)『バイオロジクス』エヌ・ティー・エスより)
 
 
 
Nov 3, 2014