海外トピックス

  • 米国における慢性疼痛治療の現状と課題

    2015:01:16:08:10:00
  • 2015年01月16日

推定1億人の米国人が慢性疼痛と共に暮らしている。米国国立衛生研究所(NIH)が招集した独立パネルが発表した報告書はまた、潜在的な有害リスクを回避しつつ、エビデンスに基づく、患者視点や治療成果をも組み込んだ疼痛治療への新たなアプローチの必要性を示している。
 
7人からなる専門家パネル委員も務めたインディアナ大学の医師 Christopher Callahan 氏は、次のように語る。「われわれは、成人の疼痛治療においてどのようなやり方が最善がを示すような十分な臨床研究が存在せず、多くの人々が複数の健康上の問題に苦しんでいることを学びました。」
 
※写真は、Christopher Callahan 氏
 
 
13-JAN-2015