海外トピックス

  • 米国NIHにおけるIT投資最新事情

    2015:05:01:18:40:52
  • 2015年05月01日
  •  

NIHの情報技術買収・評価センター(NIH's Information Technology Acquisition and Assessment Center)は、全米のIT企業65社に計200億ドルの報奨金を分配している。
 
報奨金を受ける65の企業のうち44社は、社会経済学領域の中小企業である。NIHによれば、報奨金を受ける企業は、今後10年間で最も技術的に優れており、かつ価格的にも妥当という観点において、競合他社とのコンペティションを通過した企業とのことである。
 
また、4月17日、NIHはGWACと呼ばれる政府による包括的な買収契約を発表した。担当官は「GWACは、商品化・共有化できるITソリューションをサイト上およびクラウド上に提供する枠組み」と解説する。これらITソリューションには、メンテナンスやトレーニング、技術研究、企業ライセンス、ウェブ・テレビ会議、サイバーセキュリティ、ビッグデータ、ヘルスIT等のサービスが含まれるという。
 
 
April 20, 2015