海外トピックス

  • 運動中のスマホ使用の影響

    2015:05:15:08:51:11
  • 2015年05月15日

ケンタッキー州立大学の Jacob Barkley 博士らの研究チームは、運動中のスマートフォン使用は運動強度の低下を招くことを明らかにした。
 
研究では、44人の学生を4群に分け、それぞれ30分間のトレッドミルの運動セッションに参加してもらった。スマートフォンの一般的な機能である、「音楽」「通話」「メール」、そしてコントロール群である「スマホ不使用」の4群について、それぞれ評価した。
 
 
その結果、音楽を聴くためだけにスマホを使用すると、平均トレッドミル速度および心拍数、楽しさが増加。通話は、楽しさを増加させたが、平均トレッドミル速度は減速、心拍数は維持された。メールは、平均トレッドミル速度と心拍数を減少させたが、楽しさは変化しなかった。
 
この研究は『PLOS ONE』に掲載された。
 
 
13-May-2015