海外トピックス

  • 糖尿病性腎症の効果的治療法

    2015:05:22:13:20:17
  • 2015年05月22日

血圧低下薬は糖尿病および腎臓病の平均余命を改善しない。今般『Lancet』誌に掲載された研究が明らかにした。
 
この研究は、4万3,000人超を対象とする157本の調査研究を統合したメタ分析である。あわせて同研究が示しているのは、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害剤とアンジオテンシン受容体遮断薬(ARB)による単独/組み合わせ治療が、末期腎疾患を予防するうえで最も効果的な薬物療法であることである。
 
この知見は、透析導入に至る主な原因が糖尿病であることを考慮すると重要な発見である。また、これまで長期的に腎機能を保護する治療法は知られておらず、ACE阻害薬とARBの組み合わせは有害だとされていたことからも重要である。
 
 
21-May-2015