海外トピックス

  • 10代で太っていると中年期に大腸がんリスクが倍増

    2015:05:29:10:03:58
  • 2015年05月29日

10代に太りすぎ(very overweight)だった場合、中年期までに大腸がんが進行するリスクが倍増する。学術誌『Gut』に掲載された研究が明らかにした。
 
研究では、1969-76年に16-20歳であり、軍事徴用された約24万人のスウェーデン人男性の健康状態を約35年間(平均)にわたって追跡した。
 
成人肥満と炎症は、大腸がんのリスク増加と関連していることが知られている。しかし、後期青年期を通して肥満と全身性炎症がどのように影響を及ぼすのかはよく分かっていなかった。
 
 
25-May-2015