海外トピックス

  • ヒトの脳とチンパンジーの脳の主な違い

    2015:11:20:17:50:17
  • 2015年11月20日

ヒトの脳は、チンパンジーの脳と比べてより大きな可塑性、すなわち環境によって形作られる傾向、を示した。これは、ヒトの進化プロセスを部分的に説明するものかもしれない。ジョージア州立大学とジョージワシントン大学、テキサス大学アンダーソンがんセンターの研究チームが明らかにした。
 
研究では、218のヒトの脳と206のチンパンジーの脳を比較分析した。分析の視点は2つ。遺伝的類似性に関連した脳のサイズと組織である。
 
結果、ヒトの脳とチンパンジーの脳のサイズは、双方とも大きく遺伝の影響を受けていたことが分かった。対照的に、脳の組織に関する所見では、ヒトとチンパンジーとの違いが明確であった。チンパンジーの脳組織は同じく大きく遺伝の影響を受けていたが、ヒトの脳組織はそうではなかった。
 
今回の知見は、ヒトが様々な環境や文化に適応可能である理由についての洞察を提供するものである。研究結果は『National Academy of Sciences』において11月16日に公表された。
 
 
16-Nov-2015