海外トピックス

  • 小児の脊椎手術中の心停止リスクを定量化

    2015:11:27:16:04:17
  • 2015年11月27日

小児の脊椎手術の大半は安全であるが、神経筋における一定の条件のもとでは術中の心停止リスクが増大する可能性がある。ジョンズ・ホプキンス小児センターの研究チームが明らかにした。
 
研究では、2004-2014年の間にジョンズ・ホプキンス小児センターおよびテキサス・スコティッシュ・ライト小児病院で実施された脊椎手術2,639件の転帰を分析した。結果として、小児の脊椎手術中の心停止リスクは非常に小さいことを指摘(11件、0.5%未満)したうえで、脳性麻痺や二分脊椎、筋ジストロフィー等の神経障害を有する場合には、術中の心停止リスクが3倍超になる可能性を示した。実際、心停止した11人の小児のうち6人が神経筋疾患を有していた。
 
今回の研究は、上記リスクを定量化した最初の研究であるという。研究結果は、学術誌『Spine』11月号に掲載された。
 
 
17-Nov-2015