海外トピックス

  • 慢性疲労症候群と視覚的ストレス

    2015:12:04:08:50:01
  • 2015年12月04日

慢性疲労症候群(Chronic Fatigue Syndrome:CFS)に苦しむ人々は、そうでない人々に比べて、より高い視覚的ストレスに曝されている可能性がある。レスター大学の Claire Hutchinson 博士率いる研究チームが明らかにした。
 
研究では、CFS患者20人とそうでない患者20人を対象に、それぞれの視覚的なストレスを検証した。視覚的ストレスの測定にあたっては、「パターン・グレア・テスト」と呼ばれる同分野では標準的なテストを実施した。
 
この研究結果は、学術誌『Perception』に公表された。
 
 
24-Nov-2015