海外トピックス

  • 尿道留置カテーテル患者に関わる問題

    2016:03:04:09:06:48
  • 2016年03月04日

尿道留置カテーテル(long-term urinary catheters)患者に関わる問題は、救急部門にかなりの負荷をかけ、医療制度にも大きなコスト負担を強いている。キングスカレッジ病院泌尿器科部門の June Tay 氏らの研究が明らかにした。
 
尿道留置カテーテル患者には、地域の看護サービスへのアクセスが確保されるべきである。しかし研究では、同患者への地域の看護師によるサポートが最低限のものであることが明らかになった。「患者の80%超がカテーテルにかかわる単純な問題で救急部門にかかっており、事前に地域の看護師に見てもらっているのはわずか14%に過ぎませんでした。」Tay 氏はそのように指摘する。
 
この研究は『BJU International』に掲載された。
 
 
1-Mar-2016