海外トピックス

  • 無料救急車サービスの事業評価 in エチオピア

    2016:03:04:09:09:02
  • 2016年03月04日

無料救急車サービスの全国プログラムの事業評価は、エチオピア農村部で妊娠関連死の大幅な減少をもたらしたことを明らかにし、同プログラムがサハラ以南のアフリカにおける妊産婦の健康アウトカム改善のための費用対効果の高い手法であることを示唆している。
 
同事業評価では、無作為に選択したエチオピア北部の6つの農村地区において、プログラムの実施前後の妊娠関連死の状況を比較した。対象期間中、対象地域において報告された妊娠関連死は合計51件、出生数は合計19.179件であった。お産のために頻回に救急車サービスが使用された地域では実質的に死亡率が減少。救急車サービス使用率が平均未満だった地域では死亡率が350/100,000だったのに対し、使用率が平均以上だった地域の死亡率は149/100,000だった。
 
この研究は「Can innovative ambulance transport avert pregnancy-related deaths? One-year operational assessment in Ethiopia」と題し、『Journal of Global Health』に掲載された。
 
Free ambulance service halves pregnancy-related deaths in rural Ethiopia
 
29-Feb-2016
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2016-02/uu-fas022916.php