海外トピックス

  • 医学生のバーンアウトとアルコール

    2016:03:18:12:44:36
  • 2016年03月18日

医学生は、そうでない学生に比べて、アルコール依存に陥りやすい。特に、若く、独身で、高額の債務負担がある場合にそうである。メイヨークリニックの医学生のバーンアウトに関する研究チームが明らかにした。
 
研究では、12,500人の医学生を対象に調査を実施、その1/3が回答した。およそ1,400人が、臨床的なアルコール中毒あるいは依存を経験していた。医学生でない学生たちのアルコール中毒あるいは依存の割合は16%程度であり、医学生の同割合はその倍ということである。また、感情的な疲労や離人症的感覚のようなバーンアウトに関わる要因は、すべて医学生のアルコール中毒あるいは依存と強く相関していた。他にも、「他の医学生よりも年齢的に若いこと」「未婚であること」「教育債務の額」といった3つの要因が独立して関連していた。
 
「今回の知見は、懸念すべき理由を明らかに示しています。バーンアウトと医学教育のコストとアルコール中毒といった関連する課題に取り組み、多面的解決を目指す仕組みを推奨します。」シニアオーサーを務めた Liselotte Dyrbye 医師はそのように言う。
 
この研究は『Academic Medicine』に掲載された。
 
 
14-Mar-2016