海外トピックス

  • 子育て方法が子どもの将来に与える影響

    2016:06:24:10:25:31
  • 2016年06月24日

親からのポジティブな関心とケアを受けて育った子どもは、高所得で、幸福度レベルが高く、高学歴で、倫理感も強い。神戸大学の西村和雄特任教授と同志社大学の八木匡教授らが実施した調査が明らかにした。
 
この調査は「日本経済の持続的成長のための基礎的研究」の一環として実施。オンライン調査によって男女5,000人から回答を得た。回答データから「(無)関心度」「信頼度」「ルールの多寡」「自立度」からなる4つのキーファクターを同定。それらをもとに、子育ての方法を「支援型(supportive)」「厳格型(strict)」「迎合型(indulgent)」「放任型(easygoing)」「虐待型(harsh)」「平均型(average)」の6種類に類型化し、分析した。主たる結果は、下図に示すとおりである。
 
 
この研究は、経済産業研究所ディスカッションペーパーとして公開された。
 
 
17-Jun-2016