海外トピックス

  • 金融詐欺から高齢者を守れ!

    2016:09:30:08:53:20
  • 2016年09月30日

今般、世界経済フォーラム(World Economic Forum)から公表された報告書は、新たなテクノロジーの活用によって金融詐欺等の不正行為から高齢者を保護することができる可能性を示している。
 
同フォーラムでは、高齢者の生活を改善しつつ金融詐欺から身を守る方法を模索するために、過去2年間にわたり、エイジングに関わる世界中の専門家を招集し検討した。高齢者が簡便かつ安全に銀行や保険サービスを使うための新技術とは、例えば次のようなものである。
 
◆バイオメトリクス(顔認識や音声認識など)を用いて個体認識をする、ウェアラブル端末を介した取引。
◆消費者の居場所を特定することにより不正行為を防止する地理情報サービス。
◆パスワードを思い出せないユーザー向けに、矢印やハイコントラスト・カラー、チップと署名の併用といった機能を有する銀行キャッシュカード。
 
報告書の著者であり、検討委員会の議長を務めた Derek Yach 氏は次のように語る。「これらの技術の多くは、すべての消費者にとって、金融取引をより安全にするのに一役買うことでしょう。しかし、特に重要なのは、認知機能が低下しているかもしれない高齢者を私たちが守る、ということなのです。」
 
世界の高齢人口は、2050年までに倍増し20億人に達する見込みである。認知機能の低下につけこんだ不正行為への対処は、金融サービス業界における喫緊の課題のひとつである。
 
 
9-Sep-2016