海外トピックス

  • 黒人のほうが警察に殺されやすい?

    2017:01:13:08:47:26
  • 2017年01月13日

黒人男性の警察権力の介入による殺されやすさは白人男性の3倍であり、ヒスパニック系男性のそれは白人男性の1.5倍である。今般発表されたドレクセル大学の James Buehler 臨床教授らの研究が明らかにした。
 
研究では、米国疾病管理予防センター(CDC)の大規模疫学データベース(WONDER:Wide-Ranging Online Data for Epidemiology Research)を用いて、2010-2014年における国レベルの死亡記録データを分析した。
 
対象とした5年間において、法執行機関の活動に起因する死亡人数は2,285人(米国人100万人当たり年間1.5人)であり、96%が10歳以上の男性であった。加えて、人種間格差が以下に示すとおり顕著であった。
 
【人口100万人当たりの死亡者数】
 ・黒 人:6.8人
 ・ヒスパニック系:4.1人
 ・白 人:2.5人
 ・アジア系および大西洋諸島:1.5人
 ・アメリカンインディアンまたはアラスカ原住民:6.9人
 
この研究は『American Journal of Public Health』に掲載された。
 
 
20-Dec-2016