海外トピックス

  • オンライン広告に対する人々の認識

    2017:05:26:14:19:29
  • 2017年05月26日

個々人のオンラインでの行動をターゲットとした広告(Online Behavioral Advertising:OBA)について、広告業界はアプローチを再考したほうが良いかもしれない。
 
今般、イリノイ大学の Chang-Dae Ham 教授は、大学生442名を対象にOBAに対してどのように対処しているかを調査。その結果、利益の認識よりもリスクの認識の方がはるかに強いことが明らかになった。
 
 
結果について、Ham 教授は「この認識は、プライバシーに関する懸念をさらに惹起し、最終的には広告を避けることに繋がるでしょう」と語っている。
 
この研究は『International Journal of Advertising』に掲載された。
 
 
18-May-2017