海外トピックス

  • 心臓病予防にマフィンはいかが

    2017:05:26:14:21:13
  • 2017年05月26日

クイーンズランド大学の Nima Gunness 博士らが開発した“グッド・ハート”マフィンは、心臓病のリスク低減に有用である。
 
「1日1回、3g以上のオート麦βグルカンを摂取することでコレステロール値を下げることができるというエビデンスがあります」とGunness 博士は言う。彼女らの研究では、ウズラを使ってオート麦中のβグルカン繊維が脂肪の吸収を抑え、血中コレステロールを減らすことを実証した。
 
「発見をマフィンのようなものに変え、人々がそれを食べることで血中のコレステロール値を減らし、心臓病リスクを下げる手助けをしたい」と博士は言う。彼女は数か月の開発期間を経て、低脂肪のブルーベリーマフィンのレシピを完成させた。
 
 
19-May-2017