海外トピックス

  • 40年間のデータに基づく殺人事件の包括的レビュー

    2017:06:16:06:10:40
  • 2017年06月16日

査読付学術誌『Violence and Gender』に、40年にわたる殺人事件データを包括的にレビューした論文が掲載された。
 
この論文は、ノースイースタン大学の James Alan Fox と Emma Fridel が、1976年から2015年のFBIのデータベースを用いて検討したものである。年齢や人種、使用された武器や犯行の状況、犠牲者と犯人との関係や性差などの特性に基づき、詳細な分析がなされている。
 
最も印象的かつ重要な知見としては、親密なパートナーによる殺人が多い傾向が挙げられる。著者らは、家庭内暴力を減らすための継続的取り組みや被害女性に対する法的・社会的な介入余地、家庭内暴力被害者であるが故のスティグマの払しょくについて、議論している。
 
 
30-May-2017