海外トピックス

  • エビデンスのない幹細胞療法ツーリズムに対処せよ

    2017:08:04:14:26:36
  • 2017年08月04日

各国家は、幹細胞療法を含む証明されていない治療法の広告を取り締まるべきである。そう提言するのは、『Science Translational Medicine』誌に寄稿した専門家グループである。
 
世界中で何百もの医療機関が、損傷を受けた組織を修復する能力があると主張し、いわゆる幹細胞の移植を提供している。例えば、あるクリニックでは、多発性硬化症やパーキンソン病等の様々な病態に対する治療法を販売している。
 
そして多くのケースで、これらの治療法は治癒の約束とともに、幹細胞療法ツーリズムとして、患者に直接広告されている。しかし、専門家によれば、これらの治療法がだれに対しても有益で害を及ぼすことはないというエビデンスは、存在しないことも多いという。また、かかる現状は、厳格に試験され検証された治療法の開発の機会を失わせ、多くの生命を危険にさらしていると述べている。
 
専門家グループは、同問題に取り組むためのグローバルな協調行動を求めている。
 
 
5-Jul-2017