海外トピックス

  • ビッグ・フードとの付き合い方

    2017:09:15:11:55:43
  • 2017年09月15日

食べ物に関わるわれわれの意思決定は、ある種のトレード・オフを伴う。
 
健康志向が必ずしも最も環境にやさしいとは限らない。地元の食べ物は高価かもしれない。耳触りの良い名前の成分を含む製品は、多くの化学物質を含んでいる可能性がある。巨大化した食品産業(Big Food)が流す巧妙な広告や食品専門家が使う可愛らしいフレーズによって、食べ物に関する意思決定のナビゲートはますます困難を極める。
 
地球を救い、脂肪を減らすためには、われわれは個人的な信条や痛みを超えた見識を身に着けるべき、と主張するのが本書である。そのメリットと限界を理解すれば、1日1回は加工食品を摂ることも可能である。
 
 
29-AUG-2017