海外トピックス

  • 公衆AEDの課題

    2017:10:06:15:57:04
  • 2017年10月06日

ワーウィック大学の Theo Arvanitis 教授らの研究によれば、一般の人々は心停止の治療のために公衆のAED(自動除細動器)を使うことに消極的である。
 
研究チームは、体系的文献レビューにより、68本の英語論文を分析。一般の人々は、AEDが何であり、どう使うか、どこにあるかをよく知らないこと。また、組織や企業は、AEDを常備しておくべきと感じていない、あるいは持つことができないと感じていること、が明らかになった。
 
研究はまた、AEDのメンテナンス状態が様々であることを強調している。ほぼすべてのAEDが作動可能であり、整備済と報告した研究もあるが、多くのAEDはメンテされておらず、メンテや交換のための正式な計画もない。
 
 
25-SEP-2017