海外トピックス

  • カカオ輸出と森林減少

    2017:10:20:08:39:08
  • 2017年10月20日

リーハイ大学の Mark Noble 助教(社会学・人類学)は、開発途上国のカカオ輸出と森林減少との関係について焦点を当てている。総じて明らかになったのは、カカオ輸出への集中度が高いほど、生産国における森林減少率が上昇することである。
 
「カカオの輸出とここ20年足らずの森林減少との関係にどのようなエビデンスがあるかを確認して驚きました」と、Noble 助教は語る。
 
近年の輸出量の増加や気候の変化、価格の下落に伴う需要の高まりが、連作(monocropping)や持続可能性の低い慣行をもたらしたと結論付けている。この研究は『Journal of World-Systems Research』に掲載された。
 
 
17-OCT-2017