海外トピックス

  • ネガティブな感情や症状は過大評価されがち

    2017:12:22:11:38:11
  • 2017年12月22日

アンケート調査では、ネガティブな感情や症状が過大評価される傾向がある。ニューヨーク大学の心理学者 Patrick Shrout 教授らの研究が明らかにした。
 
研究では、被験者に不安や身体症状、エネルギーレベルについて複数回尋ねた4つのフィールド調査をもとに実証した。同バイアスは時間の経過とともに消えるが、健康度や幸福度を測定するような調査において誤った解釈がなされる可能性がある、と教授らは指摘する。
 
この研究は、学術誌『Proceedings of the National Academy of Sciences』に掲載された。
 
 
18-DEC-2017