海外トピックス

  • どのくらいの不平等が公正か?

    2018:02:02:13:08:40
  • 2018年02月02日

コロンビア大学工学部の Venkat Venkatasubramanian 教授は『どのくらいの不平等が公正か?』("How Much Inequality is fair?")と題した書籍を出版した。
 
この本は、教授が長年思索を重ねてきた問題、すなわち、どの程度の不平等レベルであれば公正(fair)かという問題に取り組んだものである。経済学や政治哲学、ゲーム理論、情報理論、統計学、システム工学の基礎的な概念や技術を統合し、公正な市場社会のための数理的フレームワークに落とし込んでいる。
 
https://media.eurekalert.org/multimedia_prod/pub/web/152336_web.jpg
 
教授が「統計的テレダイナミクス」(statistical teleodynamics)と呼ぶこのフレームワークのカギは、公正性(fairness)の最大化はエントロピーの最大化を意味するという洞察であり、それによって可能な限り公正な賃金不平等のレベルを決定できるというものである。これは、自由市場に基づく資本主義の道義的正当性を数学的に提示したフレームワークと言える。
 
「不平等に取り組むには、ゴールが何であるかを知る必要があります。このために、自由市場に基づく資本主義に関する量的で検証可能な理論が必要になります」と Venkatasubramanian 教授は言う。
 
3-OCT-2017