海外トピックス

  • ヒップホップが若者をモーリーへと誘う

    2018:02:16:06:44:27
  • 2018年02月16日

数多のヒップホップアーティストがモーリー(molly)についてラップしており、黒人リスナーに多大な影響を与えている。モーリーとは、一世を風靡したエクスタシーの粉末あるいは結晶であり、覚醒剤や幻覚剤として作用する合成薬物である。
 
『Journal of Ethnicity in Substance Abuse』に掲載された研究では、アフリカ系アメリカ人の若者を対象に調査を実施。82%がヒップホップ音楽が彼らがモーリーを試すかどうかに影響を与えていると回答した。そこには、人々をパーティーへ向かわせ性的抑圧を取り払うものとして、同薬物を賛美する歌詞が溢れている。
 
主執筆者を務めた南フロリダ大学の Khary Rigg 教授(精神医学法・政策)は次のように語る。「モーリーは、オピオイドほど危険ではないにせよ、発作や不整脈、熱発、さらには突然死といった精神医学的な問題や性的なリスクの増加、その他健康上の有害なアウトカムと関係しています。」
 
12-FEB-2018