海外トピックス

  • マインドフルネスで欲求を制御できる

    2018:03:09:06:27:51
  • 2018年03月09日

マインドフルネスは、短期記憶を占有することで、喫煙や飲酒の欲求や食欲を抑えるのに有効かもしれない。ロンドン大学都市心理学科の Katy Tapper 博士らが行ったメタアナリシスが明らかにした。
 
この研究では、マインドフルネスが欲求に及ぼす影響を調べた30件の実験的研究を抽出・解析、それによって直ちに欲求が減退することが分かった。また、マインドフルネスに見られる有益な効果は、直感的な知覚や言語処理に関わる短期記憶の一部である作業記憶を読み込んで欲求を遮断することで起こる可能性があると判明した。
 
この研究は『Clinical Psychology Review』に掲載された。
 
30-JAN-2018