海外トピックス

  • 肥満に関連する医療費の地域差

    2018:04:06:06:17:28
  • 2018年04月06日

コーネル大学の John Cawley 教授(政策分析・マネジメント)らの研究は、米国における肥満に関連する医療費の動向と州ごとの違いについて分析した。
 
全体では、成人の肥満関連疾患の治療に使われた医療費の割合は2001年の6.13%から2015年には7.91%と、29%増加した。また、同割合は州ごとに大きく違いがあった。
 
「私たちは、各州のマイクロデータを用いて、肥満に関連する医療費の割合を初めて推計しました」と語る Cawley 教授は、州ごとの違いの大きさを強調する。「2015年の肥満関連疾患の医療費の割合は、アリゾナ州、フロリダ州、ニューヨーク州、ペンシルベニア州では5~6%程度でしたが、ノースカロライナ州、オハイオ州、ウィスコンシン州では12%超でした。」
 
この研究は『Clinical Chemistry』に掲載された。
 
 
8-FEB-2018