海外トピックス

  • 衝動買いを防ぐには

    2018:05:11:10:21:47
  • 2018年05月11日

最近使った個人の持ち物について“リフレクション”をすると、衝動買いの可能性や新製品に対する支払い意欲が低くなる。ライス大学経営大学院の Utpal Dholakia 教授と博士課程学生の Jihye Jung 氏と Nivriti Chowdhry 氏の研究が明らかにした。
 
「リフレクションとは、よく考えて、自分の所有物を最近どのくらい使ったかを詳細に自覚する行為です」と、Dholakia 教授は言う。「われわれの研究からは、キッチン用具や芝刈り機、腕時計などのように、何らかの機能を有する持ち物について有効であることが分かりました。」
 
教授らは4種類の実験を通じて仮説を実証。論文は「Should I Buy This When I Have So Much? Reflection on Personal Possessions as an Anti-Consumption Strategy」と題し『Journal of Public Policy and Marketing』に掲載された。
 
 
7-MAY-2018