海外トピックス

  • 医師のバーンアウトと医療過誤

    2018:07:20:05:00:00
  • 2018年07月20日

医師のバーンアウトは、安全でない職場環境と同等に、医療過誤への責任がある。スタンフォード大学医学部の Daniel Tawfik 医師らの調査研究が明らかにした。
 
研究では、全米の医師を対象に調査を実施し、6,695人から回答を得た。そのうち、55%がバーンアウトの症状を示しており、10%が過去3か月の間に少なくとも1件以上の重大な医療過誤を起こしたことがあると回答した。調査では、職場の安全性評価のために標準化された質問を通じて、従事している病院や診療所の安全度をランク付けしてもらった。
 
分析の結果、バーンアウトした医師は、専門性や勤務時間、疲労度、職場の安全性の評価を調整後、医療過誤を起こしている確率が2倍以上であった。また同様に、職場の安全性評価が低いと、医療過誤を起こしている確率が3~4倍であった。
 
この研究は『Mayo Clinic Proceedings』に掲載された。
 
 
9-JUL-2018