海外トピックス

  • エンタメ番組がつくる政治的見解

    2018:10:05:16:30:01
  • 2018年10月05日

『ゲーム・オブ・スローンズ』『アベンジャーズ』『ハンガー・ゲーム』『ハウス・オブ・カード』・・・。これらのエンタテインメントは、無意識のうちに人々の政治的見解を形作っている。
 
これまで多くの社会科学者は、架空のエンタテイメントは政治的見解の揺り籠として重要、すなわち既に持っている政治的意見を補強するもの、と見做していたが、Gierzynski 教授は必ずしもそうではないことを発見した。フィクションには人々の思考を変える力がある。
 
今般、バーモント大学の Anthony Gierzynski 教授(政治学)は、書籍『The Political Effects of Entertainment Media: How Fictional Worlds Affect Real World Political Perspectives』(娯楽メディアの政治的影響:フィクション世界がいかにして現実世界の政治的見解に影響を及ぼすか)を著した。その内容は、人々がハマったエンタメ番組と彼らの政治哲学との関係を見出すべく実施した、合計13本の実験や調査に基づくものである。
 
 
22-AUG-2018