海外トピックス

  • アマゾン川の洪水頻度が増大している

    2018:10:05:16:30:57
  • 2018年10月05日

100年超のデータに基づく研究によれば、昨今、アマゾン川の洪水の頻度と深刻度がとみに増大している。
 
アマゾン川の水位データは、前世紀の初めからブラジル・マナウス港において毎日記録されている。研究チームは、113年におよぶ水位記録を用いて、直近の20~30年間において深刻な洪水や干ばつが頻回に発生していることを明らかにした。
 
 
筆頭著者を務めたチリ・アウストラル大学のリサーチ・フェローである Jonathan Barichivich 博士は次のように述べる。「アマゾン流域での深刻な干ばつの増加は、研究者の耳目を集めています。長期の河川記録が明らかにしたのは、洪水の頻度と深刻の増大です。わずかな例外を除いて、アマゾン盆地では2009年から2015年にかけて毎年、大洪水が発生しています。」
 
研究によれば、洪水の増加はウォーカー循環の強まりと関連している。ウォーカー循環とは、熱帯海上の気温および気圧の差が引き起こす大気の循環システムであり、熱帯域その他の気象パターンや降雨に影響する。
 
 
19-SEP-2018