海外トピックス

  • 大麻は大麻であり、ほかの名前で呼ぼうとも

    2018:10:19:08:38:56
  • 2018年10月19日

「薔薇は薔薇であり、ほかの名前で呼ぼうとも、その香りに変わりはない」(シェイクスピア)。同様のことが、大麻についても言えるかもしれない。
 
ブリティッシュコロンビア大学の Susan Murch 教授は、5つの異なるライセンス事業者から提供された33品種の大麻について精査。それらが様々な通称で呼ばれているにもかかわらず、ほぼ同レベルのテトラカンナビノール(THC)およびカンナビジオール(CBD)を含有することを明らかにした。
 
しかし他方で、これまであまり知られていなかったカンナビノイド(訳者註:大麻に含まれる化学物質の総称)には、差異があることが分かった。現在、大麻生産のライセンス事業者はTHC値とCBD値のみ報告義務があるが、他にも重要な化学物質があり、まだ完全に特定されていない可能性がある。
 
この研究は『Nature's Scientific Reports』に掲載された。
 
 
10-OCT-2018