海外トピックス

  • 米国人は何を恐れているか

    2018:10:26:08:41:51
  • 2018年10月26日

チャップマン大学による第5回『Survey of American Fears』の結果がこのほど公表された。この調査は、平均的な米国人の心配を深く掘り下げ、長期に渡って変化と傾向を調べている。国家を脅かす問題から個人的な不安まで、94項目について尋ねている。
 
2018年調査において、米国人が恐れるトップ10は、次の通りである。
 
1.政府職員の汚職
2.海洋・河川・湖沼の汚染
3.飲料水の汚染
4.将来に向けた貯蓄の不足
5.愛する人々の重病
6.愛する人々の死
7.空気の汚染
8.動植物の絶滅
9.地球温暖化・気候変動
10.高額な医療費
 
 
チャップマン大学の Christopher Bader 教授(社会学)は、「2016年にトランプ大統領が選出された後、汚職や環境問題に関する懸念が大幅に高まったことに注目すべき」と語る。
 
 
18-OCT-2018