海外トピックス

  • 飲酒をしない若者の増加

    2018:11:09:16:17:26
  • 2018年11月09日

英国の若者の飲酒量が減っているというだけではない。飲酒をしない若者自体が増えている。『BMC Public Health』に掲載された研究が明らかにした。
 
ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの Linda Ng Fat 博士らは、「Health Survey for England」の年次データを分析し、飲酒をしない16-24歳の割合が2005年の18%から2015年には29%に増加したことを明らかにした。また、飲酒をしないという人自体、2005年の9%から2015年には17%と、増加傾向にあることも分かった。
 
同期間において、適量以上に飲む若者(43%→28%)、暴飲する若者も同様に有意な減少傾向(27%→18%)にあった。他方で、毎週断酒に取り組む若者は増加傾向だった(35%→50%)。
 
「これらのトレンドは、公衆衛生的に見て歓迎すべき」と、Ng Fat 博士は語る。ただし、この研究は断面的な観察研究であり、因果関係について確たることを言えないことには留意すべきとしている。
 
 
9-OCT-2018