海外トピックス

  • 脳とコンピュータをつなぐインターフェイス

    2018:12:07:14:51:59
  • 2018年12月07日

脳とコンピュータを繋ぐインターフェイス(brain-computer interface)を通じてカーソルの動きやクリックを思考することで、既製品のタブレット製品を操作する実験が成功した。
 
今回の実験には、四肢麻痺のある3人が参加。3人は、脳の運動皮質で生成された信号を検出するコンピュータ・インターフェイスの移植手術を受けた。このインターフェイスがブルートゥースを通じて Google 社のタブレット(Nexus 9)とペアリングされ、操作する仕組みである。
 
 
 
詳細については、ブレインゲート(BRAIN GATE)というプロジェクトに所属する Paul Nuyujukian 博士らが、オープンアクセスジャーナル『PLOS ONE』に研究論文を発表している。
 
 
21-NOV-2018