海外トピックス

  • コンピュータ作業時の姿勢にご用心

    2019:01:18:14:24:19
  • 2019年01月18日

写真は、コンピュータの前に座る人々にありがちな姿勢である。
 
 
しかし、この姿勢は、時間の経過とともに倦怠感や頭痛、集中力の低下、筋肉の緊張増大、さらには椎骨損傷にまでつながりかねない。サンフランシスコ州立大学の Erik Peper 教授らの研究が明らかにした。
 
コンピュータ作業で頭痛や首・背中の痛みが起きる場合は、自分の姿勢を確認し、頭部から首にかけて見えないネジ山があるかのように意識して頭の位置を合わせることを教授らは推奨している。その他、画面上のフォントを拡大したり、コンピュータ用の拡大鏡をかけたり、目の高さに画面を合わせたり、無理なく画面に向き合える環境を作ることも有効だという。
 
この研究は、学術誌『Biofeedback』に掲載された。
 
 
3-JAN-2019