海外トピックス

  • ヘビースモーカーは視力を損なう

    2019:03:29:10:04:37
  • 2019年03月29日

1日20本以上のタバコを吸うと、視力が損なわれる可能性がある。ラドガース大学の Steven M. Silverstein 博士らの研究が明らかにした。
 
研究では、生涯喫煙本数が15本以下という健康な71人と1日20本以上喫煙しており、タバコ依存症と診断されるもやめるつもりはないとした63人を対象とし、対象者がコントラストレベル(微妙な濃淡の違い)をどのように識別したかを調べた。対象者の年齢層は25~45歳であり、全員が正常視力または正常の矯正視力を有していた。
 
調査の結果、喫煙者は赤・緑および青・黄の色覚の異常を示した。これは、タバコのような神経毒性の化学物質を含む薬物を摂取すると色覚障害を引き起こしかねないことを示唆している。また、非喫煙者と比べて、ヘビースモーカーはコントラストおよび色合いの識別能力が低下していることが分かった。
 
この研究は、学術誌『Psychiatry Research』に掲載された。
 
 
18-FEB-2019